読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺のアセットマネジメント

資産運用について調べたことと考えたこと

資産運用 - 貴金属

最も歴史のある資産形成の手段。現行の紙幣システムが、金本位制から移行したようにもともとの貨幣は金によって価値が裏付けされていた。 貴金属による資産には金利はつかないが、金の価値そのものが物価の基本となると考えるとインフレ・デフレによるリスクは存在しないはずである。実際には需給の問題や、為替のによる価値の変動がありリスクが発生している。 実際の貴金属を保持するのは貴金属外車に保管を委託する必要があり手間が掛かるが、金に連動した ETF を市場で購入することで同等の金を保有するのと同等の効果を得られる。

メリット

  • 歴史を振り返ると、地理的にも時間的にも高い価値が認められていて安定しているといえる。
  • ETF を利用して証券会社経由で運用できる。

デメリット

  • 大手銀行による放出、金産出量の増加など需給バランスが崩れることによる価値低下のリスクが有る。
  • 物価よりも為替の影響を受けやすい。(FX で円買いポジションを立てればヘッジできる?)

まとめ

継続的なインフレが予想できる場合は、有力な投資先候補になる。スーパーインフレに対する耐性はかなり期待できるはず。実際にはデフレ局面でも価格が上昇したり、インフレで下落したりしているので、安定的な資産運用を目指すならあまり割合を増やさないほうが良さそう。